SECRET BASE

日々の書き留めごと。27歳、秋。

梅雨と祖母。

最近は忙し過ぎて疲れて寝てばっかりいた。
夏バテもあるのかな?頭痛が酷かったり…最近すごく暑い。全然ブログを書いてなかったけど、この気持ちを整理するためにも徒然と書いていきたい。

先日祖母が亡くなった。
とてもとても悲しくて、以前から体調を崩していて、いつそうなるかわからない状態だったけれど結局覚悟が持てずその時を迎えてしまった。
亡くなる前日、お見舞いに行った時には持ち直していると言うことを聞いていたので安心していたのにもかかわらず、突然のことで頭が真っ白になった。
弔辞を書いている時、涙が止まらなくって、現実を受け入れられなくって、これちゃんと当日読めるのかな?と心配したけれど、なんとか泣きながらでも最後まで読むことができた。
人前が苦手な私だけれど、そんな場合じゃなかった。
出棺の際、最後に祖母の身体の周りにお花を添えた時、これが最後なんだって、もう祖母の顔を見るのも最期なんだって強く実感してしまって嗚咽が出てしまった。
本当は祖母に触れたかったけれど、亡くなってしまった、その冷たい温度を想像してしまって、怖くて、また周りを気にして手を止めた。
けれど、火葬の直前、母が「最期におばあちゃんの顔を見てやって。顔に触れてあげて」って言ってくれた。祖母の顔に最期に触れることができたけど、やっぱりとても冷たくって祖母の死を実感してとても悲しかった。祖母は亡くなってしまった。もうこの世にはいないのだと言うことを嫌でも思い知らされた。収骨の時には本当にこの骨が祖母なのか?とまだ疑ってしまうぐらいぼーっとしてた。未だにぼーっとしているけれど、今は普段の日々に戻っている。
お葬式で驚きながら親族で集合写真は撮ったけれど、自分でスマホで写真なんかも撮ってないので手元に写真もない。幻だったのかな?とでさえ思えてしまう。時間が解決してくれることなのかな。
半年後、祖母のひ孫が産まれる。と言うか、産む。元気な赤ちゃんを産みたい。空の上にいる祖母に、ちゃんと見せてあげたい。